Entry: main  << >>
乾燥肌のケアにアロマセラピーを活用しよう☆

スポンサードリンク



 乾燥肌でかさついた肌は、油分だけではなく水分も
不足しています。
加えてかゆみも伴う場合には血行が滞っていることも
考えられます。

一般的に乾燥肌の人は、新陳代謝の働きが衰えている
ことが多いので、この原因を改善するのが乾燥肌対策
として効果があるのです。

その方法の一つとしてアロマセラピーがあります。
アロマセラピーとはハーブなどの芳香植物から抽出した
精油(エッセンシャルオイル)に含まれる薬理効果を
利用して、芳香したり、体に塗ったり、塗ってマッサー
ジをする療法です。
植物の香りには、人の心と体に作用する神秘的な力が
あるといわれてます。

乾燥肌の人には肌に潤いを与え、新陳代謝を促進して
引き締める作用を持つ精油(エッセンシャルオイル)で
ある、ローズウッドやゼラニウム、真正ラベンダーが
効果があるそうです。

なぜアロマセラピーに薬理作用があるのかといいますと、
最近の研究では、精油は呼吸にともなって、鼻や口、
皮膚から血管に入り、脳やさまざまな臓器に作用する
ことが分かってきたそうです。
したがってただよい香りを嗅いで気分がよくなると
いったものではないそうなのです。

アロマセラピーの歴史は古く、エジプト人は紀元前
3000年頃から、芳香植物をオイルに漬け込んだものを、
治療や儀式のさいに薫香としてたいていたそうです。
日本でも『ゆず湯』などがそれにあたります。

ぜひ香りの神秘を活用して、乾燥肌の改善に役立てて
頂ければと思います☆

スポンサードリンク

| yanagita123 | 16:26 | - | - | pookmark |