Entry: main  << >>
心の傷を癒すアロマセラピー☆

スポンサードリンク



『 心の傷を癒すアロマセラピー』

世の中には離婚や失恋、悲しい事件などによって、心に
深い傷を負った人たちがたくさんいらっしゃいます。

その苦しみを少し和らげる方法として、今アロマセラピー
が注目を浴びているそうです。。

植物の香りには、人と心に作用する不思議な力があり、
この香りを使っていろいろな療法に活用しようというのが
アロマセラピーです。

例えば大阪の池田小学校で起こった児童殺傷事件は世間に
大きな衝撃を与えましたが、通学していた子供たちは
計り知れない心の傷が残りました。

そこでカワバタクリニック院長の川端氏という方が
自ら心の治療で成果を上げているアロマセラピーを試して
みることを学校に提案し、トイレや保健室、職員室などで
精油(エッセンシャルオイル)を噴霧することで、
不眠に職員などから徐々に効果が現れているそうです。

なぜアロマセラピーにそのような作用があるのかといい
ますと、最近の研究では、精油(エッセンシャルオイル)
は呼吸にともなって、鼻や口、皮膚から血管に入り、
脳やさまざまな臓器に作用することが分かってきたそうです。
したがってただよい香りを嗅いで気分がよくなっていく
という単純なものではないそうなのです。

心と体の両方に作用するから、アロマセラピーの効果は
高いのですね。。

アロマセラピーの歴史は古く、エジプト人は紀元前3000年
頃から、芳香植物をオイルに漬け込んだものを、治療や儀式の
さいに薫香としてたいていたそうです。
日本でも『ゆず湯』などがそれにあたりますね。

ぜひ香りの神秘を活用して、心の傷を少しでも癒して頂ければ
と思ったのであります。。

スポンサードリンク

| yanagita123 | 18:20 | - | - | pookmark |